二子玉川駅徒歩5分駐車場5台完備

〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-23-22

電話:03-3700-0232

世田谷区二子玉川の内科、小児科、予防接種、健康診断、花粉症 高橋医院

診療内容

よくある質問 Q&A 問診票 ダウンロードはこちら

高血圧

高血圧について

高血圧とは最高血圧と最低血圧の両方、またはどちらか一方でも、基準値以上の状態が続くことをいいます。高血圧は、自覚症状はほとんどなく、治療を受けずにそのままにして、知らないうちに症状が進行、悪化しているケースが多く、最悪の場合、死にまで至る生活習慣病です。

症状

自覚症状がないのがほとんどですが、気をつけていれば頭痛や耳鳴り、動悸、肩こりなどの症状が現れることもありますがこのような症状がある場合は症状がかなり進行している状態と考えられます。ただし、これらの症状は高血圧によるものではなく高血圧により引き起こされた疾患の症状だということです。
高血圧によって引き起こされる疾患は下記になります。

脳:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血
心臓:狭心症、心筋梗塞、心肥大、心不全
腎臓:尿蛋白、慢性腎臓病(CKD)、腎不全
その他:大動脈瘤、末梢動脈疾患 など

基本的な治療

高血圧の治療方法は、その状態に応じて段階的に進められます。基本は食事療法と運動療法ですが、それだけで改善されない場合、薬物療法を併用します。

食事療法について

まずは1日3食で決まった時間に食事をするようにしましょう。また、満腹になる手前の腹八分目を心掛けることも大切です。満腹になるほど食べ続けると肥満や動脈硬化などのリスクがあります。
間食は基本的に食べない方がいいですが、チョコレートやケーキ、スナック菓子といったものよりも和菓子の方がおすすめです。和菓子の場合は脂肪分が含まれていないことが多いのとあずきなどは健康にも良いと言われていますが食べ過ぎには注意しましょう。
それ以外ですとバターや油、生クリームなどが含まれていないものを食べる様にしましょう。
また、塩分を控えたりすることと血圧を下げる効果のある食材(ニンニク、オリーブオイルなど)を取り入れることも必要になってきます。

運動療法について

運動の頻度はできれば毎日定期的に実施できるもので、運動量は30分以上(1日)、強度は中等度(ややきつい)の有酸素運動がおすすめです。
有効的な有酸素運動はウォーキング(速歩)・軽いジョギング・水中運動・自転車・その他レクリエーションスポーツなどがあります。
運動量は30分以上が目標ですが1回の運動量が10分以上であれば合計30分以上になるよう分けて行っても大丈夫です。
また、運動療法をするにあたって始めることが難しいようであれば、掃除や洗車、買い物に行くなどの生活活動の中で身体を動かすことを増やすことから始めるましょう。

薬物療法について

血圧を下げる薬(降圧薬)を服用することがほとんどですが、合併症があるかないかなどの状態により個別に処方いたします。自分勝手な判断は避けていただき、正しく、きめられた量を飲むようにしましょう。

高脂血症

高脂血症について

高脂血症とは血液中のコレステロールや中性脂肪の脂質が多すぎる疾患です。
トリグリセライド(中性脂肪)が多い高中性脂肪血症、LDLコレステロールが多い高LDLコレステロール血症、HDLコレステロールが低い低HDLコレステロール血症があり、3つのうち1つでも当てはまると、高脂血症としています。
高脂血症は動脈硬化の主要な危険因子であり、放置すれば脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患を引き起こす原因となります。

症状

高脂血症は自覚症状がほとんどなく、血液検査で初めてわかることがほとんどです。
遺伝によって起こる家族性高コレステロール血症ではアキレス腱肥厚、腱黄色腫、と呼ばれるコレステロールの塊がひじやひざにできることがあります。

基本的な治療

基本は食事療法や運動療法などの生活習慣の改善を行い、あまり改善が見込めない場合に薬物療法も合わせて行います。
高脂血症は完全に治療するのはなかなかやっかいな病気と言われていますが地道にやっていきましょう。

食事療法について

高脂血症のタイプによって食事療法のポイントは若干異なってきます。
基本は1日の摂取するエネルギー(カロリー)量を適正にすることと炭水化物、脂質、たんぱく質、コレステロール、食物繊維、アルコールなどの摂取量を適正にすることが重要になります。
それでも改善がみられない場合は、必要に応じて禁酒、糖質の摂取量をさらに制限するなどのご指導を致します。

運動療法について

運動はトリグリセライド(中性脂肪)を低下させ、HDL(善玉)コレステロールを上昇させる働きがあります。
運動内容は無理のない軽い運動(有酸素運動)で1日30分以上で週3回以上を目指して行っていきます。
有効的な有酸素運動は、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などです。

薬物療法について

食事療法や運動療法で生活習慣の改善を続けても、検査値の値が改善されない場合に薬物療法も合わせて行います。

糖尿病

糖尿病について

糖尿病とは、インスリンというホルモンの低下によって高血糖が慢性的に続く病気でブドウ糖を取り入れられない状態のことをいいます。
糖尿病には原因によって4つのタイプに分けられます。

1型糖尿病

自己免疫疾患などが原因でインスリンが作られなくなり、尿の回数や量の増加、のどが渇く、体がだるい、疲れやすいなどの症状が急激に起こり、数か月以内には薬物療法(インスリン治療)が必要となります。
インスリンが作られないので、継続的にインスリン自己注射が必要となります。

2型糖尿病

日本の糖尿病者のほとんどがこの2型糖尿病です。
遺伝的要因や過食、運動不足などの乱れた生活習慣など様々な要因で発症します。
発症初期の場合、生活習慣(食事療法、運動療法)の改善等で症状が軽くなることがありますが、悪化するにつれ内服や、インスリン自己注射の治療が必要となります。

遺伝子の異常やほかの病気が原因となる糖尿病

遺伝子の異常や肝臓・すい臓の病気、感染症、免疫の異常などの他の病気が原因となって引き起こされる糖尿病があります。また、ステロイドのような薬剤によっても糖尿病を発症することもあります。
2型糖尿病にも遺伝的な要素がありますがこの糖尿病は明らかに原因となる遺伝子が分かっています。若年発症成人型糖尿病やミトコンドリア糖尿病がその代表例です。
治療は病気の状態によって人それぞれです。

妊娠糖尿病

妊娠をきっかけに、血糖値が高くなるなどの糖尿病の症状があらわれるのが妊娠糖尿病です。しかし、妊娠前、すでに糖尿病と診断されている場合は糖尿病合併妊娠と呼ばれます。

花粉症

花粉症について

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、主に鼻の粘膜や目の粘膜に起こるアレルギー疾患で、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こします。
季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

季節性アレルギー性鼻炎

原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。
日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと言われています。

主なアレルゲン
春:スギ、ヒノキ
夏:イネ科、シラカンバ属
秋:ブタクサ、ヨモギ、カナムグラ
冬:スギ

症状

くしゃみ、鼻水、鼻づまりだけでなく、目のかゆみ、涙、充血などを伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。

通年性アレルギー性鼻炎

季節と関係なく年中続くアレルギー性鼻炎です。
原因は人それぞれですが主にハウスダストが原因とされています。

主なアレルゲン

ダニ・家の中のちり(ハウスダストなど)・ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛・フケなど。

症状

症状は、季節性アレルギー性鼻炎と変わらず、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが主となります。また、目の充血やのどの痛み、皮膚の炎症などが起こることもあります。

禁煙外来

禁煙外来について

喫煙はさまざまな病気のリスクを抱えております。禁煙をすることにより余命を取り戻せるといったデータもあります。
当院では保険適応のチャンピックスというニコチンを含まなくタバコの満足感を抑制する薬による治療を推奨しております。
禁煙外来は診察時間内に受付けております。

予防接種

予防接種について

当院では予防接種は事前予約制です。
問診票のダウンロードはこちらのページよりお願い致します。

接種可能なワクチンは以下の通りです。

【定期接種】
小児用肺炎球菌(プレベナー)、ヒブワクチン、
四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)
B型肝炎、DT(ジフテリア・破傷風)、MR(麻しん・風しん)、
水痘、日本脳炎

【任意接種】
おたふく、ロタテック、A型肝炎、高齢者肺炎球菌(ニューモバックス)

※予防接種を受ける方は、母子手帳をご持参ください。

健康診断

健康診断について

当院では下記の健康診断に対応しております。

  • 朝食を抜きにしていただき、午前中に受診していただいております。
  • 世田谷区特定健康診査・長寿(後期高齢者)健康診査
    随時(予約なしで構いません)受け付けています。
  • ★長寿健診・特定健診の予約を受け付けております。★
    診療時間前の午前8時40分からです。
    電話・窓口で前日までに申し込みをお願いいたします。(1日1名様まで)
    尚、その時間帯以外の診療時間に健診の方は番号順に健診させていただきます。
PAGE TOP